借金 消費者金融

 更新日:2014/09/20

消費者金融の活用方法


所得証明書不要な消費者金融というものの存在は、お金に対する借り入れというものが非常に簡単な審査内容によって可能なものとなることから、実際に借り入れに対する需要というものが非常に高い存在となっております。所得証明書不要な消費者金融では、借り入れに対する手続き自体が非常に簡単で、多くのケースでは利用の申込を行った当日からお金に対する借り入れというものが可能となっておりますので、非常に利用自体が手軽に行うことができるということも、人気が高い大きな理由の一つとなっております。お金に対する借り入れというものを行う際に銀行などの金融機関に比べて、様々な手続きが簡素化することができ、多くは24時間利用することができるということも魅力の一つです。

消費者金融の存在は、多くの人が金利の高い場所という認識を持っていることが多いのですが、現実的には借り入れを行い返済を完了させるまでのプロセスというものが非常に重要な事柄となり、利用方法によっては金利や手数料というものを総合的に考えると、非常にお得な利用というものを行うことができるケースが多く、金融機関にお金を預けている人が休日などのお金の引き出しを行うと手数料というものが多く発生することとなりますが、消費者金融を活用して休日に借り入れを行って休日明けにすぐ返済を行ってしまえば、銀行などに支払うことになる手数料に比べて非常に安価な利息というもので済ませることができますので、活用方法によって非常に便利な利用というものをすることができます。

住宅ローンの比較について


住宅ローンを大きく二つに分けると、変動金利と固定金利になります。変動金利の住宅ローンは短期プライムレートに連動しています。短期プライムレートは年2回見直しをされます。見直し時期は4月1と10月1日です。そして適用される金利が変わるのが7月と1月になります。しかし、金利が変わっても5年間は返済額が変わりませんし、5年後に返済額が増えても上昇率25%を超えない範囲となります。急に返済額が増える恐れはありません。しかし、金利が上昇すると元金に金利上昇分が組み込まれてしまい、いつまでたっても元金が減らないリスクがあります。変動金利型には一定期間金利が固定されるものもあります。3年固定、5年固定、10年固定などです。固定期間は金利の上昇リスクはありません。固定期間が長いほど金利は高くなります。固定期間終了後は変動金利になるものや固定、変動が選べる物があります。全期固定金利型は返済が終わるまで金利の変わらないローンです。長期の固定金利は長期金利に左右されます。長期国債など債権相場が上がると長期金利は低下し、債権の相場が下がると長期金利は上昇する傾向です。全期固定金利はローンを組んでから金利が上がることはありませんから金利上昇リスクはありません。しか変動金利より金利が高いデメリットがあります。最近の短期プライムレートは低い水準にありますから変動金利型住宅ローンも金利が低いです。しかし上昇しないとは限りません。固定金利型も過去と比べて金利が高い水準にはありませんが、変動金利よりは高いですから比較検討する際は、メリット、デメリットとリスクを考える必要があります。また、頭金の額や返済計画も比較する際に考慮すると良いでしょう。

住宅ローン 比較